So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

名古屋メルぽっぽクラブ2017/10 非公開定例運転会 [メルクリン 運転会]

2017103103.jpg
 更新が遅くなりましたが、10月21日、22日は渋川福祉センターでの運転会でした。
前回9月の渋川での運転会は出張の為、
参加出来なかったので、渋川での運転会は約半年振りとなります。
 非公開の運転会でしたので仲間たちと、ゆっくり、のんびりとした運転会となりました。
ただ、台風が接近していた為、日曜日は少し早めに切り上げました。
 逆に渋滞にも合わず台風がひどくなる前に帰宅する事ができました。

2017103101.jpg
 HiLoさんの新車お披露目、ESUのV90です。色々な機能満載でグラっときます。

2017103107.jpg
 会長はヤードに103を並べています。良い眺めです。

2017103106.jpg
 リバース線も・・一周回ってますね。

2017103102.jpg
 私も新車、投入、V200との2ショットも中々良いですね。

2017103104.jpg
 中古ですが一応、新規お披露目、DRの2階建て客車が似合います。

2017103105.jpg
 おフランスの電気機関車、意外と渋いです。架線があると良いですね、

2017103108.jpg
 雪に備えてラッセル車も試運転開始

2017103109.jpg
 HUHさんのICE3も元気に走っていますよ・・
2017103110.jpg
 夜は、いつものお店で懇親会、日曜のお昼は会場の前の喫茶店でトンカツスパ、名古屋ですので甘辛のソースが美味しいです。これも楽しみです。



nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

BR 85 007 /Roco 78271 [Steam Loco]

2017101203.jpg
 今年のRocoの新製品、BR85です。
メルクリンのBR85 003号機に次いで2台目の入線になります。

 85 007号機はフライブルグで保存されています。
現在も動態保存されているかどうかは不明です。

 2011年頃に発売されたBR10と同じくダイナミックスモークシステムを搭載しています。
前作のBR10とは違い、シリンダからは出ませんが、蒸気サウンドに同期して発煙します。

 その発煙量はすざましく迫力があります。

2017101205.jpg
 テールランプはファンクションで赤灯が一つ点灯します。

2017101204.jpg
 標識灯はちょっと白すぎで、まぶしいです。
煙の量のすごいのが解ると思います。

2017101208.jpg
 キャビンライトも点灯します。
キャビンの下半分はデコーダやキャパシタ、スピーカ等が入るので機関士さんは腰より下を切り取っています。
 ハンドルも赤で表現され好印象です。

2017101207.jpg
 飾りですが三気筒の中央のロッドも表現されています。
 メルクリンのBR85の様に動輪が途中で後2軸で折れ曲がる様になっていませんがR360のカーブはなんとか通過します。

2017101206.jpg
 製造社のヘンシェルのプレートも綺麗に印刷されています。

Limited Editionと言う事でロッド周りも細かく表現されています。
パイピング等も細かくボイラーがプラスチックの感じはまったくしません。

2017101201.jpg
 ボイラーはプラスチックですがモータ周りがダイキャストなのでそこそこ重さはあります。

 前作のBR10はテンダードライブでしたが、BR85はタンクロコですのでモータはボイラーの中です。
発煙システムがあるのでギヤが複雑に配置されています。
 赤い部分が発煙システムになりますが、煙突の下に固定の邪魔板があり、小さなモータでファンを回し煙室にたまった煙を吐き出します。

 動輪の回転に同期してファンモータを回したり、止めたりして煙突から煙を吐き出します。
 走行音を消すとファンモータの、ウィン、ウィンと音がするのが解ります。

 ただ給油の際いちいち蓋を取るのが面倒です。
 蓋を失くしそうで怖いです。
発煙剤は1度に最大1.5ml入ります。Seutheの注射器、半分が入る事になります。
 1.5mlが15分ほどで空になります。

どれだけ煙が出るかよく解ります。ものすごく燃費が悪いです。
 ただ空になっても何処かにどうしても発煙剤が残るらしく、しばらくして発煙をオンにすると結構な量の煙が出ます。
 ですので横にしてしまっておくと機関車が発煙剤まみれになっている事があります。

2017101202.jpg
 デコーダはZIMO製でPlux22のタイプになっています。
音はすばらしいです、小さいスピーカの割には音も大きく、特に汽笛の音がエコーが効いていて、うっとりします。
 ファンクションもf0~f24まであり音も豊富です。
DCCなので自動認識をしてくれない為、登録がちょっとめんどくさいです。

2017101209.jpg
 メルクリンのBR85と並べてみました。手前がメルクリンです。
メルクリンの方が全体的につや消しでしっとりとしています。
メルクリンもディティールがそこそこで、並べてみても遜色はありません。音は負けますが・・
 ユーロ高もありちょっと高めですが、音と煙でお気に入りの一台になりました。


nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

BR050 045-4 with a Cabin Tender /37836 [Steam Loco]

2017091601.jpg
 今年の新製品、テンダーに車掌室の付いたBR050 です。
テンダーのキャビンには車掌さんが常務しており、室内灯も点灯、モータも新しいと言う事で入線する事になりました。
 モータも小さく細くなり、BR50のボイラーの向こう側の透け具合とても良いです。

2017091602.jpg
 特徴ある後姿ですね。

2017091603.jpg
 最初から車掌さんが常務しています。キャビンにはファンクションで室内灯が点灯します。

2017091604.jpg
 機関士と機関助士も最初から同封されていましたので常務してもらいます。
運転室内もファンクションで室内灯が点灯します。

2017091608.jpg
 石炭とキャビンを取った所です。
テンダーを外すには車掌さんに降りてもらう必要があります。

2017091607.jpg
 デコーダはmfx+でCS2,CS3では実車と同じ様な操作で運転が出来ますが、私はめんどくさがり屋なのであまり使った事が有りません。

2017091606.jpg
 スピーカは28mmと大きく音もそれなりに大きいですが、音はあまり代わり映えしないのがちょっと残念です。
ただ、ファンクションはf21まであり、音の種類は増えています。
 CS2,ECoSでもアップデートする事によりすべてのファンクションが使用できる事になります。

2017091605.jpg
 モータはコアレスモータだと思われますがよく解りません。静かでとてもスムーズに走ります。
ギヤボックスのグリス、車軸へは走行20時間ごとの注油が指示されています。
 車両によっては走行40時間ごとの指示もありますので、基準がよく解りませんね。

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Open goederenwagen /4430 4690 [Freigt Cars]

2017082902.jpg
 Ladegueter-bauer社の積荷が幾つか入手できましたので早速、貨車に積む事にしました。

2017082901.jpg
 ゴンドラ貨車4430に合いそうです my worldなのでとても安価ですが安いだけに、とてもシンプルです。


2017082910.jpg
せっかく積荷がリアルなので、こんな本を参考にウエザリングをしてみます。

2017082903.jpg2017082907.jpg
 コイルを積んだ貨車

2017082904.jpg
2017082908.jpg
 古タイヤを積んだ貨車

2017082905.jpg
2017082906.jpg
 戦車、装甲車のスクラップを積んだ貨車

2017082909.jpg
 蒸気機関車のボイラーのスクラップは4459に積んでみましたが、ちょっと重量オーバみたいです。
重量物搬送用のフラット貨車の方が似合いそうです。
 他にも積荷は色々有りそうなので今後、さらに増備したいですね。
 

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Beer Car "KULMBACHER" 48776 [Beer Cars]

2017082001.jpg
 クルンバッハのビール貨車です。
ビールはクルンバッハ・エーデルヘルプです。
 ドイツのバイエルン州のクルンバッハ醸造所で作られてるドイツでも人気のビールだそうです。
 麦とホップの苦味が効いた辛口のピルスビールで、とても飲みやすいです。

バー”よしゆき”さんでおなじみだったビールKrombacherと名前が似ています。

2017082002.jpg
 モデルは4415ベースではなくフルスケールの様です。
2015年からのカタログモデルです。
 フルスケールなのでバッファが金属だったり、ステップが付いていたりデティールが4415に比べ、細かくなっています。

2017082003.jpg
 プライベート貨車でBahnhof Kulmbachとなっています。

2017082004.jpg
 1982年10月22日ですのでEpⅣですね。

2017082005.jpg
 細かい所にも色がさして有ります。

2017082006.jpg

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

BR VT95.9 + VB 141.2 /39952 [Diesel Loco]

2017072803.jpg
 2016年のインサイダー、BR VT95.9 + VB 141.2 レールバスです。
お客さんが初めから乗っており、付随車のサイドカーが入線の決め手になりました。

2017072804.jpg
 運転席上の天窓が特徴的です。

2017072805.jpg
 このモデル特徴的な、付随車のVB 141.2にもちゃんと標識灯が点灯します。

2017072806.jpg
 またこの付随車はドアが開閉式で自転車や荷物が積み込まれています。
とても良くできています。

2017072807.jpg
 室内灯も点きますので乗客が乗っているのがよく解ります。

2017072808.jpg
 所属はWuppertalの様です。

2017072809.jpg
 換気口にちょっと墨入れをしてみました。
ユルディンゲン車両工場のロゴマークも再現されています。
 ここまでディテールが良いのでワイパーも別部品で再現して貰いたい所ですね。

2017072801.jpg
 スピーカーは天井に8Ωのスピーカーが2個並列に接続され、小さいスピーカですが結構、音量も有ります。
ボボボボと言う独特な走行音も魅力です。

2017072802.jpg
 座席の下にはデコーダとモータがコンパクトに配置されています。
モータはメーカ名が無く解りませんが、コアレスモータの様な気がします。
 低速でもスムーズな走りです。
 
 今回のCS2のアップデートでF22までのファンクションがすべて使える様になりました。
 ECoSでも今回のアップデートでmfxのF16以降のファンクションが認識出来る様になりました。

2017072810.jpg
 2011年にゲッピンゲンで乗ったBR798522号機です。(旧VT98 9522号機)
この車両もユルディンゲン車両工場製みたいです。

2017072811.jpg
 独特な匂いと音が懐かしいです。


nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2017年初夏のイベント運転会 [メルクリン 運転会]

2017071608.jpg
 遅くなりましたが、7月1日、2日のイベント運転会の様子です。
空梅雨で暑い中、イベント運転会が行われました。

2017071607.jpg
 会場はクーラが利いているので涼しく、涼みがてら土曜、日曜とも多くのお客さんに見てもらいました。

2017071611.jpg
 体験運転も人気です。やっとトンネルの出番です。

2017071609.jpg
2017071610.jpg
 お誕蒸気が3両並びました、少しずつウエザリングが違います。
会長のは一番新しく、デフの違いやモータも小さくなり、ディテールも細かくなっています。

2017071603.jpg
 HiLoさんのESUのE94、ファンクションも豊富で、ディテールも細かく表現されよい出来ですね。
ちょっとやばいかも・・

2017071601.jpg
 土曜日の外のイベントはザリガニ釣り、暑くて茹だりそうです。

2017071605.jpg
 RAe TEE "Gottardo" も久しぶりの登場です。

2017071606.jpg
  TEE色の120型とV11.5

2017071604.jpg
 日曜日のイベントはきかんしゃトーマスです。
暑くて中の人は大変そうですね。

2017071602.jpg
 中でも頑張って走っています。

2017071612.jpg
 ET194が小さいながらバナナ貨車を大量に牽引しています。

2017071613.jpg
 DRGのET194も後ろの貨車と色が合っていて良いですね。
サウンドも良いです。

2017071614.jpg
 運転会の次の日は豊川稲荷へよってみました。狐塚
木々の中は以外と涼しかったです。



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

SVT 137 /37773 [Diesel Loco]

2017062509.jpg
 フライングハンバーガー SVT 137です。
これも銀座の5Fに長い事、在庫していた車両です。
 最近ウエザリングがと、言った所、SVT137のウエザリングがあるよ、と言って出して来てくれました。
1週間ほど悩んで、一期一会、入線する事になりました。

2017062506.jpg
 モデルは137 150号機で、紫色、クリーム色塗装のEpⅡです。
2004年に発売された37770のウエザリング塗装仕様で2006年に発売されたようです。
 ウエザリング以外は37770と同じと思われます。

 室内灯も点灯しますので、乗客と運転士にも乗車してもらっています。

2017062505.jpg
 ケルンからデュッセルドルフ、エッセン等を経由してベルリンへのサボが印刷されています。
 
 実車はディーゼル・エレクトリックで編成両端の先頭車の運転台の裏に1台ずつマインバッハ製のディーゼルエンジンを設置し、最高速度160Kmと言う事です。
 戦前で最高速、160Kmとはすごいですね。

2017062507.jpg
 2等ですが当時は3等級制でしたので、現在の1等と同じですね。
こちらの車両は喫煙車の様です。
  もう一両の方はNichtraucherと書いてありますので禁煙車ですね。
この時代にもう分煙していた事にも驚かされます。

2017062501.jpg
 デコーダはESU製の8ピンのLokPilotです。
LokProgrammerで設定を読み出す事ができます。
 室内灯はAUX1に割り付けられていました。

2017062502.jpg
 別にサウンド基板がありホーンが鳴る様にになっています。
スピーカも運転席の後ろに両面テープで取付けられています。

2017062503.jpg
 ディーゼル列車で音が無いのは寂しいのでLokSundデコーダに変えてフルサウンド化にします。

 元々8ピンのLokPilotが付いていたのでサウンド基板への配線とスピーカをを外してやるだけで簡単にフルサウンド化が出来ます。
 本当は20x40mmのスピーカですと、ぴったり座席の下の空間に入るのですが、手持ちの50330 16x25mmが有ったので、これを座席の下に取り付けました。
 このスピーカでも音量は十分です。

  ESUのサウンドファイルにもSVT137のサウンドファイルは有りますが、ファンクションが少なく物足りなかったので DRG VT137の音を入れてみました。

2017062504.jpg
 モータはスイスMaxonのコアレスモータが連接部の台車上にコンパクトにまとまっており、ばらしたついでにギヤBOXにグリスを足しておきました。
 デコーダをESUのV4.0 M4に交換したので、モータ関連のCV値は調整する必要が有りますが、走りは静かでスムーズです。

2017062508.jpg
 軽めのウエザリングですが屋根等は煙突の辺りしっかりウエザリングされていますので雰囲気があります。
お鼻のラッパがアクセントになっていて可愛いです。

2017062510.jpg
 2013年にライプツィッヒを訪れたとき、24番線に展示されていたSVT137 255号機です。
綺麗ですね。


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Beer Car "König-Pilsener" 4418.1 [Beer Cars]

2017061801.jpg
 ケーニッヒ ピルスナーのビール貨車です。

ピルスナーの醸造にこだわって醸造されたビールと言うことです。

 ホップの風味も強すぎず、すっきりとした飲みやすさの中にもコクがあり、ケーニッヒとは国王の意味だそうで、まさにピルスナーの王様と言うところです。

 最近ではスーパーでもドイツビールにしては手頃な値段で手に入れることが出来ます。

2017061802.jpg
 モデルは4418.1で1978年~1983年のカタログモデルの様です。
 

 4415ベースの白い冷凍貨車に赤いロゴのみと、シンプルなデザインです。
35年位前のモデルですね、印刷には多少のにじみもみられ、白の車体も多少黄ばんでいます。

2017061803.jpg

 

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

BR50 1955 /37847 [Steam Loco]

2017060402.jpg
 BR50 1955号機です。

 いわゆる、お誕蒸気ですが残念ながら、私の生まれ年では有りません。他の方のお誕蒸気です。
長い間、銀座の5Fに飾ってありましたが、行く度に買わない?と言われ続けていましたが、生まれ年じゃないからと断ってきたのですが・・
 安くするからと言うお言葉と、最近ウエザリング機にはまっている事も有り、ついに入線する事になりました。

2017060403.jpg
 中々よい感じにウエザリングされています。
自分では中々出来ないので参考になります。

2017060401.jpg
 当時のお誕蒸気はワグナーデフのEpⅢ仕様です。
私が最初に買ったスタータセットに入っていたのと同じです。今は部品取り機になり廃車されていますが。

2017060404.jpg
 お誕蒸気はしばらく、受け付けていない年もあったようですが最近復活し、ヴィッテ式デフになり、昨年、会長も購入された様です。
会長も50歳かあ・・

2017060405.jpg
 10年以上前の製品ですので、mfxでもなくサウンドも有りませんでしたのでデコーダをESUのV4.0 M4サウンドデコーダに取り替え、フルサウンド化しました。


 

nice!(6)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -
メッセージを送る