So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

SVT 137 /37773 [Diesel Loco]

2017062509.jpg
 フライングハンバーガー SVT 137です。
これも銀座の5Fに長い事、在庫していた車両です。
 最近ウエザリングがと、言った所、SVT137のウエザリングがあるよ、と言って出して来てくれました。
1週間ほど悩んで、一期一会、入線する事になりました。

2017062506.jpg
 モデルは137 150号機で、紫色、クリーム色塗装のEpⅡです。
2004年に発売された37770のウエザリング塗装仕様で2006年に発売されたようです。
 ウエザリング以外は37770と同じと思われます。

 室内灯も点灯しますので、乗客と運転士にも乗車してもらっています。

2017062505.jpg
 ケルンからデュッセルドルフ、エッセン等を経由してベルリンへのサボが印刷されています。
 
 実車はディーゼル・エレクトリックで編成両端の先頭車の運転台の裏に1台ずつマインバッハ製のディーゼルエンジンを設置し、最高速度160Kmと言う事です。
 戦前で最高速、160Kmとはすごいですね。

2017062507.jpg
 2等ですが当時は3等級制でしたので、現在の1等と同じですね。
こちらの車両は喫煙車の様です。
  もう一両の方はNichtraucherと書いてありますので禁煙車ですね。
この時代にもう分煙していた事にも驚かされます。

2017062501.jpg
 デコーダはESU製の8ピンのLokPilotです。
LokProgrammerで設定を読み出す事ができます。
 室内灯はAUX1に割り付けられていました。

2017062502.jpg
 別にサウンド基板がありホーンが鳴る様にになっています。
スピーカも運転席の後ろに両面テープで取付けられています。

2017062503.jpg
 ディーゼル列車で音が無いのは寂しいのでLokSundデコーダに変えてフルサウンド化にします。

 元々8ピンのLokPilotが付いていたのでサウンド基板への配線とスピーカをを外してやるだけで簡単にフルサウンド化が出来ます。
 本当は20x40mmのスピーカですと、ぴったり座席の下の空間に入るのですが、手持ちの50330 16x25mmが有ったので、これを座席の下に取り付けました。
 このスピーカでも音量は十分です。

  ESUのサウンドファイルにもSVT137のサウンドファイルは有りますが、ファンクションが少なく物足りなかったので DRG VT137の音を入れてみました。

2017062504.jpg
 モータはスイスMaxonのコアレスモータが連接部の台車上にコンパクトにまとまっており、ばらしたついでにギヤBOXにグリスを足しておきました。
 デコーダをESUのV4.0 M4に交換したので、モータ関連のCV値は調整する必要が有りますが、走りは静かでスムーズです。

2017062508.jpg
 軽めのウエザリングですが屋根等は煙突の辺りしっかりウエザリングされていますので雰囲気があります。
お鼻のラッパがアクセントになっていて可愛いです。

2017062510.jpg
 2013年にライプツィッヒを訪れたとき、24番線に展示されていたSVT137 255号機です。
綺麗ですね。


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Beer Car "König-Pilsener" 4418.1 [Beer Cars]

2017061801.jpg
 ケーニッヒ ピルスナーのビール貨車です。

ピルスナーの醸造にこだわって醸造されたビールと言うことです。

 ホップの風味も強すぎず、すっきりとした飲みやすさの中にもコクがあり、ケーニッヒとは国王の意味だそうで、まさにピルスナーの王様と言うところです。

 最近ではスーパーでもドイツビールにしては手頃な値段で手に入れることが出来ます。

2017061802.jpg
 モデルは4418.1で1978年~1983年のカタログモデルの様です。
 

 4415ベースの白い冷凍貨車に赤いロゴのみと、シンプルなデザインです。
35年位前のモデルですね、印刷には多少のにじみもみられ、白の車体も多少黄ばんでいます。

2017061803.jpg

 

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

BR50 1955 /37847 [Steam Loco]

2017060402.jpg
 BR50 1955号機です。

 いわゆる、お誕蒸気ですが残念ながら、私の生まれ年では有りません。他の方のお誕蒸気です。
長い間、銀座の5Fに飾ってありましたが、行く度に買わない?と言われ続けていましたが、生まれ年じゃないからと断ってきたのですが・・
 安くするからと言うお言葉と、最近ウエザリング機にはまっている事も有り、ついに入線する事になりました。

2017060403.jpg
 中々よい感じにウエザリングされています。
自分では中々出来ないので参考になります。

2017060401.jpg
 当時のお誕蒸気はワグナーデフのEpⅢ仕様です。
私が最初に買ったスタータセットに入っていたのと同じです。今は部品取り機になり廃車されていますが。

2017060404.jpg
 お誕蒸気はしばらく、受け付けていない年もあったようですが最近復活し、ヴィッテ式デフになり、昨年、会長も購入された様です。
会長も50歳かあ・・

2017060405.jpg
 10年以上前の製品ですので、mfxでもなくサウンドも有りませんでしたのでデコーダをESUのV4.0 M4サウンドデコーダに取り替え、フルサウンド化しました。


 

nice!(6)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

トレインフェスタ2017 [メルクリン 運転会]

2017052802.jpg
 今年も静岡のトレインフェスタの時期が来ました。今年は20日、21日です。
今年は静岡ホビーショーと1週間ずれていて共同開催とはなりませんでしたが土曜日、日曜日と沢山の来場者に恵まれました。

2017052803.jpg
 私も含め今年は参加出来るかどうか寸前まで解らず、出場メンバーが少ない事を見越し、体験運転中心の展示となりました。合計8台の運転が楽しめます。
 体験運転にも信号機や踏み切り等、メルクリンの楽しさを体験できるようになっています。
土曜日にはHbfのメンバーも数名陣中見舞いに来られ、夜の懇親会にも参加して頂き、大いに盛り上がりました。
 ありがとうございました。

2017052809.jpg
 HiLoさんは今年はさらにパワーアップしてダブルターンテーブルにトラバーサーと相変わらずの人気です。

2017052804.jpg
 電気機関車用のターンテーブルにはくもの巣架線がはられ、スパイダーマンも参加しています。

2017052801.jpg
 私も久しぶりにターンテーブルを持ち込みました。私のはトトロに参加してもらっています。

2017052807.jpg
 日曜日にはIさんがブリキのターンテーブルと機関庫を

2017052806.jpg
 会長はアナログに信号機で2列車の交互運転を実施、初日はぐずっていましたが、日曜日は絶好調です。
赤と緑が両方点灯するのはご愛嬌・・

2017052808.jpg
 架線集電ですので火花がバチバチです。

2017052810.jpg
 今年もおかげさまでキッズ賞を頂きました。

 

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Beer Car "Hofbräuhaus"4415.623 [Beer Cars]

2017042301.jpg
 ホフブロイのビール貨車です。
ビールは
ホフブロイのシュヴァルツ・ヴァイスです。
 白ビールのフルーティ感と黒ビールのローストモルト感のあるビールで白ビールと黒ビールのハーフ&ハーフと言うところでしょうか。

2017042303.jpg
 モデルはミュンヘンの模型店のストアモデルの様です。
ビールジョッキが沢山並んでいます。
 ミュンヘンのホフブロイハウスで飲みたいですね。

2017042304.jpg

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

名古屋メルぽっぽクラブ2017/4 非公開定例運転会 [メルクリン 運転会]

2017041503.jpg
 4月8日、9日は渋川福祉センターでの運転会でした。
 久しぶりに3階の研修室で行われました。5月のトレインフェスタへ向けての準備と言うこともあって、今回も非公開運転会となりました。

2017041501.jpg
 会長もトレインフェスタに向けての試運転です。
昔のアナログの車両で、アナログによる自動運転です。
 本番でもうまく行くでしょうか・・

2017041505.jpg
 体験運転も今年は立体化・・

2017041504.jpg
 新しい機関庫も着々と準備が進みます?

2017041502.jpg
 ウエザリングの186型も慣らし運転です。

2017041507.jpg
 東ドイツの車両も渋くて良いですね。

2017041508.jpg
 チェコのレールジェットの塗装は涼しげですね、

2017041510.jpg
 Taurusの重連、marklinとPIKOですが、どちらがmarklinか、解りますか?

2017041509.jpg
 Iさんの120型ミッキーマウスIさんも趣味が変わってきたかしら・・

2017041506.jpg
 調子がいまいちだったESUのV200、シューを交換したら調子よくなりました。
見比べても前のシューも変わらないのですけど、微妙なのですね。 

2017041511.jpg
 運転会の後は孫の入園式の為、京都へ、早いもので今年から幼稚園です。
桜が満開です。この時期の京都も良いですね。

2017041512.jpg


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Slurry Wagon type Zacens /FLEISCHMANN 546013 [Freigt Cars]

2017031901.jpg
 中折れタンク貨車3両セットです。
最近、ウェザィングの車両に、はまっています。
 値段もお手頃でしたので入線しました。

2017031906.jpg
 タンクには会社名等のマークが無いのでちょっと寂しいですが、ウエザリングがされているのと、中折れタンクの形が面白いです。

2017031903.jpg
 FLEISCHMANNのカプラーではメルクリンの車両に連結出来ませんのでメルクリンのカプラーに交換しました。

2017031904.jpg
 ハッチの部分も中々良い感じです。

2017031902.jpg
 タンクにはマークは有りませんが、ERMEWA 社所有の貨車の様です。
ERMEWA社は欧州で主に貨車をリースしている会社の様です。
 積荷は何のスラリーかは解りませんが、Kein Gefahrgutと印刷されているので危険物では無いようです。

2017031905.jpg
 先日紹介したウエザリング仕様のBR186型に牽引させると良く似合います。
 
 
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

DB-AG186 336-4/ ROCO 79678 [Electoric Loco]

2017030502.jpg
 ウエザリング仕様のBR186型です。
ROCOの機関車は当社では始めての入線になります。
 本来はドイツの模型店に別の物を頼もうとしていたのですが、ウエザリングが気に入り、メーカでは在庫が無いようでしたが、値段も手頃だったので、ダメもとで注文した所、探してくれた様で入線と言う事になりました。
 実車は、ボンバルディアの汎用電気機関車のTRAXX 2Eシリーズになる様です。

2017030504.jpg
 後付けでパーツを付けるのは面倒ですが、ディティールは細かくプラスティックのボディですがウエザリングのせいか落ち着いた感じになっています。

2017030505.jpg
 4電源仕様なので形の違った4個のパンタグラフが付いています。
屋根のウエザリングも雰囲気が出ています。
 ただ、デコーダを取り替えたり、パーツを付けたりでボディを触っていたら、せっかくのウエザリングが薄くなってしまいました、自分なりにやり直しましたが筆では中々上手く行きませんね・・
 暇が出来たらエアブラシで修正しようかと思っています。
ウエザリング機は丁寧に扱わないとウエザリングが剥げてしまうので注意が必要ですね。

2017030506.jpg
 ステップもプラスティックですが貫通穴で表現されており良い雰囲気です。

2017030507.jpg
 エアーホースには色をさして見ました。

2017030508.jpg


2017030509.jpg
 最高速は140Kmの様です。4つの電源電圧も描かれていますね、

2017030501.jpg
 やはり音が無いのは寂しいのでサウンドデコーダを・・
国内で8ピンの在庫が手に入らなかったので、他の機関車からちょっと拝借です。
 デコーダも一緒に頼んでおけば良かったかも・・
ESUのM4デコーダなのでCS2でもmfxとして認識してくれます。(F15までですが・・CS3ならF25まで使えるかな?)
 ファンクションでレールのキシミ音も表現できます。
マッピングを入れ替えSifa Zwangsbramsung(デットマンスイッチ、緊急列車停止装置?)もCS2で使えるようにしました。
 このファンクションをオンにするとSifa Sifa Sifa Zwangsbramsungと言いながら機関車が減速停止します。
 解除すると加速し元のスピードに戻ります。

2017030510.jpg
 元々デコーダが入っていた場所にスピーカを入れました。
スピーカは通販のパーツ屋さんに小型の8Ωのスピーカが有ったので頼んでみました。
 今回使用したのは直径15mm厚さ5mmのスピーカで結構音も大きく値段も安いのと、色々なサイズが有るので今後、使えそうです。
 ギヤボックスの上にはちょうどサウンドデコーダが乗る寸法のグレーの枠があります。
サウンドモデルではここにデコーダが乗るのでしょう。
 加速時のインバーターの変調音が良いです。

2017030503.jpg
 車体はダイキャストで重く、フライホイルーも大きめでカルダンシャフトで3軸を駆動しています。
牽引力はありそうです。低速でも比較的滑らかに走ります。

  実車の186 336-4の写真も見つけました。ウエザリングも同じくらい?
実車の写真を見るとウエザリングもちょうど良いかも・・

nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Beer Car "Rothaus" /4437 [Beer Cars]

2017022601.jpg
  ロートハウス、ピルスのビール貨車です。
ロートハウス、ピルスのビール貨車は以前、紹介しましたが。 
 今回のビールは ロートハウス ヘフェバイツェンです。
最近、
ロートハウスのビールは国内では入手困難になっています。
 南ドイツではよく飲まれているようです。
 バイツェン特有のフルーティでやさしい味です。

2017022602.jpg
 モデルは1986年から1988年に発売されたカタログモデルの様ですが、型式等何も印刷されていません。
ラベルと同じお姉さんが印刷されています。

2017022603.jpg
 


nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

BR 144-021-3 /37443 [Electoric Loco]

2017021201.jpg
 オーシャンブルー/ベージュ塗装の BR144です。
パンタがファンクションでで上下するギミックが気に入り衝動入線しました。
 実車では1975年にこの021と071の2両がこの塗装に再塗装されたようです。

2017021202.jpg
 モデルはダイキャストボディで重みがあり、前面の手すりや、標識灯の配線も表現され、メルクリンらしい仕上がりになっています。

2017021203.jpg
 ちょっと残念なのはパンダを、たたんだ際、片側を引張って動作させているせいか、どうしても傾いてしまいます。

2017021204.jpg
 パンタの昇降は以前のピエゾモータによる方法では無く、サーボモータのホーンのテグスにより動作させる様になっており、より確実な動作になっています。
 絶対にパンタを手で持ち上げないようにと注意書きの赤い説明書が入っています。
 ESUの電気機関車の昇降させる機構の方が実車により近いですが、万が一の事を考えると、メルクリンの方式の方が後で何とかなりそうです。

2017021205.jpg
 デコーダはmfx+のフルサウンドでスピーカは縦長で小さめですが音量は十分です。
ファンクションも豊富で
f0 前後、標識灯
f1 駅アナウンス
f2  
走行音
f3  警笛 長音
f4  ABVオフ
f5 ブレーキ音オフ
f6 2位側標識灯オフ
f7  警笛 単音
f8 1位側標識灯オフ
f9  2位側パンタ昇降
f10 車掌笛
f11 1位側パンタ昇降
f12 コンプレッサー
f13 エアブロー音
f14  入替スピード オンの際は標識灯は前後とも3灯点灯します
となっています。

2017021206.jpg
 モータはカルダンシャフトで両側の台車に伝達されています。
説明書にはギヤボックスにはTRIXのグリスを塗布するように書いて有りますが以前のように何時間毎にと言う様な指示は有りませんが、ギヤには20時間毎、車軸には40時間毎に注油と指示があります。

2017021207.jpg
 BR144は2013年にライプツィッヒを訪れたとき、24番線にいたE44 046号機を見た事もあり愛着がわきます。


nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -
メッセージを送る