So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

BR050 045-4 with a Cabin Tender /37836 [Steam Loco]

2017091601.jpg
 今年の新製品、テンダーに車掌室の付いたBR050 です。
テンダーのキャビンには車掌さんが常務しており、室内灯も点灯、モータも新しいと言う事で入線する事になりました。
 モータも小さく細くなり、BR50のボイラーの向こう側の透け具合とても良いです。

2017091602.jpg
 特徴ある後姿ですね。

2017091603.jpg
 最初から車掌さんが常務しています。キャビンにはファンクションで室内灯が点灯します。

2017091604.jpg
 機関士と機関助士も最初から同封されていましたので常務してもらいます。
運転室内もファンクションで室内灯が点灯します。

2017091608.jpg
 石炭とキャビンを取った所です。
テンダーを外すには車掌さんに降りてもらう必要があります。

2017091607.jpg
 デコーダはmfx+でCS2,CS3では実車と同じ様な操作で運転が出来ますが、私はめんどくさがり屋なのであまり使った事が有りません。

2017091606.jpg
 スピーカは28mmと大きく音もそれなりに大きいですが、音はあまり代わり映えしないのがちょっと残念です。
ただ、ファンクションはf21まであり、音の種類は増えています。
 CS2,ECoSでもアップデートする事によりすべてのファンクションが使用できる事になります。

2017091605.jpg
 モータはコアレスモータだと思われますがよく解りません。静かでとてもスムーズに走ります。
ギヤボックスのグリス、車軸へは走行20時間ごとの注油が指示されています。
 車両によっては走行40時間ごとの指示もありますので、基準がよく解りませんね。

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Open goederenwagen /4430 4690 [Freigt Cars]

2017082902.jpg
 Ladegueter-bauer社の積荷が幾つか入手できましたので早速、貨車に積む事にしました。

2017082901.jpg
 ゴンドラ貨車4430に合いそうです my worldなのでとても安価ですが安いだけに、とてもシンプルです。


2017082910.jpg
せっかく積荷がリアルなので、こんな本を参考にウエザリングをしてみます。

2017082903.jpg2017082907.jpg
 コイルを積んだ貨車

2017082904.jpg
2017082908.jpg
 古タイヤを積んだ貨車

2017082905.jpg
2017082906.jpg
 戦車、装甲車のスクラップを積んだ貨車

2017082909.jpg
 蒸気機関車のボイラーのスクラップは4459に積んでみましたが、ちょっと重量オーバみたいです。
重量物搬送用のフラット貨車の方が似合いそうです。
 他にも積荷は色々有りそうなので今後、さらに増備したいですね。
 

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Beer Car "KULMBACHER" 48776 [Beer Cars]

2017082001.jpg
 クルンバッハのビール貨車です。
ビールはクルンバッハ・エーデルヘルプです。
 ドイツのバイエルン州のクルンバッハ醸造所で作られてるドイツでも人気のビールだそうです。
 麦とホップの苦味が効いた辛口のピルスビールで、とても飲みやすいです。

バー”よしゆき”さんでおなじみだったビールKrombacherと名前が似ています。

2017082002.jpg
 モデルは4415ベースではなくフルスケールの様です。
2015年からのカタログモデルです。
 フルスケールなのでバッファが金属だったり、ステップが付いていたりデティールが4415に比べ、細かくなっています。

2017082003.jpg
 プライベート貨車でBahnhof Kulmbachとなっています。

2017082004.jpg
 1982年10月22日ですのでEpⅣですね。

2017082005.jpg
 細かい所にも色がさして有ります。

2017082006.jpg

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

BR VT95.9 + VB 141.2 /39952 [Diesel Loco]

2017072803.jpg
 2016年のインサイダー、BR VT95.9 + VB 141.2 レールバスです。
お客さんが初めから乗っており、付随車のサイドカーが入線の決め手になりました。

2017072804.jpg
 運転席上の天窓が特徴的です。

2017072805.jpg
 このモデル特徴的な、付随車のVB 141.2にもちゃんと標識灯が点灯します。

2017072806.jpg
 またこの付随車はドアが開閉式で自転車や荷物が積み込まれています。
とても良くできています。

2017072807.jpg
 室内灯も点きますので乗客が乗っているのがよく解ります。

2017072808.jpg
 所属はWuppertalの様です。

2017072809.jpg
 換気口にちょっと墨入れをしてみました。
ユルディンゲン車両工場のロゴマークも再現されています。
 ここまでディテールが良いのでワイパーも別部品で再現して貰いたい所ですね。

2017072801.jpg
 スピーカーは天井に8Ωのスピーカーが2個並列に接続され、小さいスピーカですが結構、音量も有ります。
ボボボボと言う独特な走行音も魅力です。

2017072802.jpg
 座席の下にはデコーダとモータがコンパクトに配置されています。
モータはメーカ名が無く解りませんが、コアレスモータの様な気がします。
 低速でもスムーズな走りです。
 
 今回のCS2のアップデートでF22までのファンクションがすべて使える様になりました。
 ECoSでも今回のアップデートでmfxのF16以降のファンクションが認識出来る様になりました。

2017072810.jpg
 2011年にゲッピンゲンで乗ったBR798522号機です。(旧VT98 9522号機)
この車両もユルディンゲン車両工場製みたいです。

2017072811.jpg
 独特な匂いと音が懐かしいです。


nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2017年初夏のイベント運転会 [メルクリン 運転会]

2017071608.jpg
 遅くなりましたが、7月1日、2日のイベント運転会の様子です。
空梅雨で暑い中、イベント運転会が行われました。

2017071607.jpg
 会場はクーラが利いているので涼しく、涼みがてら土曜、日曜とも多くのお客さんに見てもらいました。

2017071611.jpg
 体験運転も人気です。やっとトンネルの出番です。

2017071609.jpg
2017071610.jpg
 お誕蒸気が3両並びました、少しずつウエザリングが違います。
会長のは一番新しく、デフの違いやモータも小さくなり、ディテールも細かくなっています。

2017071603.jpg
 HiLoさんのESUのE94、ファンクションも豊富で、ディテールも細かく表現されよい出来ですね。
ちょっとやばいかも・・

2017071601.jpg
 土曜日の外のイベントはザリガニ釣り、暑くて茹だりそうです。

2017071605.jpg
 RAe TEE "Gottardo" も久しぶりの登場です。

2017071606.jpg
  TEE色の120型とV11.5

2017071604.jpg
 日曜日のイベントはきかんしゃトーマスです。
暑くて中の人は大変そうですね。

2017071602.jpg
 中でも頑張って走っています。

2017071612.jpg
 ET194が小さいながらバナナ貨車を大量に牽引しています。

2017071613.jpg
 DRGのET194も後ろの貨車と色が合っていて良いですね。
サウンドも良いです。

2017071614.jpg
 運転会の次の日は豊川稲荷へよってみました。狐塚
木々の中は以外と涼しかったです。



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

SVT 137 /37773 [Diesel Loco]

2017062509.jpg
 フライングハンバーガー SVT 137です。
これも銀座の5Fに長い事、在庫していた車両です。
 最近ウエザリングがと、言った所、SVT137のウエザリングがあるよ、と言って出して来てくれました。
1週間ほど悩んで、一期一会、入線する事になりました。

2017062506.jpg
 モデルは137 150号機で、紫色、クリーム色塗装のEpⅡです。
2004年に発売された37770のウエザリング塗装仕様で2006年に発売されたようです。
 ウエザリング以外は37770と同じと思われます。

 室内灯も点灯しますので、乗客と運転士にも乗車してもらっています。

2017062505.jpg
 ケルンからデュッセルドルフ、エッセン等を経由してベルリンへのサボが印刷されています。
 
 実車はディーゼル・エレクトリックで編成両端の先頭車の運転台の裏に1台ずつマインバッハ製のディーゼルエンジンを設置し、最高速度160Kmと言う事です。
 戦前で最高速、160Kmとはすごいですね。

2017062507.jpg
 2等ですが当時は3等級制でしたので、現在の1等と同じですね。
こちらの車両は喫煙車の様です。
  もう一両の方はNichtraucherと書いてありますので禁煙車ですね。
この時代にもう分煙していた事にも驚かされます。

2017062501.jpg
 デコーダはESU製の8ピンのLokPilotです。
LokProgrammerで設定を読み出す事ができます。
 室内灯はAUX1に割り付けられていました。

2017062502.jpg
 別にサウンド基板がありホーンが鳴る様にになっています。
スピーカも運転席の後ろに両面テープで取付けられています。

2017062503.jpg
 ディーゼル列車で音が無いのは寂しいのでLokSundデコーダに変えてフルサウンド化にします。

 元々8ピンのLokPilotが付いていたのでサウンド基板への配線とスピーカをを外してやるだけで簡単にフルサウンド化が出来ます。
 本当は20x40mmのスピーカですと、ぴったり座席の下の空間に入るのですが、手持ちの50330 16x25mmが有ったので、これを座席の下に取り付けました。
 このスピーカでも音量は十分です。

  ESUのサウンドファイルにもSVT137のサウンドファイルは有りますが、ファンクションが少なく物足りなかったので DRG VT137の音を入れてみました。

2017062504.jpg
 モータはスイスMaxonのコアレスモータが連接部の台車上にコンパクトにまとまっており、ばらしたついでにギヤBOXにグリスを足しておきました。
 デコーダをESUのV4.0 M4に交換したので、モータ関連のCV値は調整する必要が有りますが、走りは静かでスムーズです。

2017062508.jpg
 軽めのウエザリングですが屋根等は煙突の辺りしっかりウエザリングされていますので雰囲気があります。
お鼻のラッパがアクセントになっていて可愛いです。

2017062510.jpg
 2013年にライプツィッヒを訪れたとき、24番線に展示されていたSVT137 255号機です。
綺麗ですね。


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Beer Car "König-Pilsener" 4418.1 [Beer Cars]

2017061801.jpg
 ケーニッヒ ピルスナーのビール貨車です。

ピルスナーの醸造にこだわって醸造されたビールと言うことです。

 ホップの風味も強すぎず、すっきりとした飲みやすさの中にもコクがあり、ケーニッヒとは国王の意味だそうで、まさにピルスナーの王様と言うところです。

 最近ではスーパーでもドイツビールにしては手頃な値段で手に入れることが出来ます。

2017061802.jpg
 モデルは4418.1で1978年~1983年のカタログモデルの様です。
 

 4415ベースの白い冷凍貨車に赤いロゴのみと、シンプルなデザインです。
35年位前のモデルですね、印刷には多少のにじみもみられ、白の車体も多少黄ばんでいます。

2017061803.jpg

 

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

BR50 1955 /37847 [Steam Loco]

2017060402.jpg
 BR50 1955号機です。

 いわゆる、お誕蒸気ですが残念ながら、私の生まれ年では有りません。他の方のお誕蒸気です。
長い間、銀座の5Fに飾ってありましたが、行く度に買わない?と言われ続けていましたが、生まれ年じゃないからと断ってきたのですが・・
 安くするからと言うお言葉と、最近ウエザリング機にはまっている事も有り、ついに入線する事になりました。

2017060403.jpg
 中々よい感じにウエザリングされています。
自分では中々出来ないので参考になります。

2017060401.jpg
 当時のお誕蒸気はワグナーデフのEpⅢ仕様です。
私が最初に買ったスタータセットに入っていたのと同じです。今は部品取り機になり廃車されていますが。

2017060404.jpg
 お誕蒸気はしばらく、受け付けていない年もあったようですが最近復活し、ヴィッテ式デフになり、昨年、会長も購入された様です。
会長も50歳かあ・・

2017060405.jpg
 10年以上前の製品ですので、mfxでもなくサウンドも有りませんでしたのでデコーダをESUのV4.0 M4サウンドデコーダに取り替え、フルサウンド化しました。


 

nice!(6)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

トレインフェスタ2017 [メルクリン 運転会]

2017052802.jpg
 今年も静岡のトレインフェスタの時期が来ました。今年は20日、21日です。
今年は静岡ホビーショーと1週間ずれていて共同開催とはなりませんでしたが土曜日、日曜日と沢山の来場者に恵まれました。

2017052803.jpg
 私も含め今年は参加出来るかどうか寸前まで解らず、出場メンバーが少ない事を見越し、体験運転中心の展示となりました。合計8台の運転が楽しめます。
 体験運転にも信号機や踏み切り等、メルクリンの楽しさを体験できるようになっています。
土曜日にはHbfのメンバーも数名陣中見舞いに来られ、夜の懇親会にも参加して頂き、大いに盛り上がりました。
 ありがとうございました。

2017052809.jpg
 HiLoさんは今年はさらにパワーアップしてダブルターンテーブルにトラバーサーと相変わらずの人気です。

2017052804.jpg
 電気機関車用のターンテーブルにはくもの巣架線がはられ、スパイダーマンも参加しています。

2017052801.jpg
 私も久しぶりにターンテーブルを持ち込みました。私のはトトロに参加してもらっています。

2017052807.jpg
 日曜日にはIさんがブリキのターンテーブルと機関庫を

2017052806.jpg
 会長はアナログに信号機で2列車の交互運転を実施、初日はぐずっていましたが、日曜日は絶好調です。
赤と緑が両方点灯するのはご愛嬌・・

2017052808.jpg
 架線集電ですので火花がバチバチです。

2017052810.jpg
 今年もおかげさまでキッズ賞を頂きました。

 

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Beer Car "Hofbräuhaus"4415.623 [Beer Cars]

2017042301.jpg
 ホフブロイのビール貨車です。
ビールは
ホフブロイのシュヴァルツ・ヴァイスです。
 白ビールのフルーティ感と黒ビールのローストモルト感のあるビールで白ビールと黒ビールのハーフ&ハーフと言うところでしょうか。

2017042303.jpg
 モデルはミュンヘンの模型店のストアモデルの様です。
ビールジョッキが沢山並んでいます。
 ミュンヘンのホフブロイハウスで飲みたいですね。

2017042304.jpg

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -
メッセージを送る