So-net無料ブログ作成
Electoric Loco ブログトップ
前の10件 | -

DB-AG186 336-4/ ROCO 79678 [Electoric Loco]

2017030502.jpg
 ウエザリング仕様のBR186型です。
ROCOの機関車は当社では始めての入線になります。
 本来はドイツの模型店に別の物を頼もうとしていたのですが、ウエザリングが気に入り、メーカでは在庫が無いようでしたが、値段も手頃だったので、ダメもとで注文した所、探してくれた様で入線と言う事になりました。
 実車は、ボンバルディアの汎用電気機関車のTRAXX 2Eシリーズになる様です。

2017030504.jpg
 後付けでパーツを付けるのは面倒ですが、ディティールは細かくプラスティックのボディですがウエザリングのせいか落ち着いた感じになっています。

2017030505.jpg
 4電源仕様なので形の違った4個のパンタグラフが付いています。
屋根のウエザリングも雰囲気が出ています。
 ただ、デコーダを取り替えたり、パーツを付けたりでボディを触っていたら、せっかくのウエザリングが薄くなってしまいました、自分なりにやり直しましたが筆では中々上手く行きませんね・・
 暇が出来たらエアブラシで修正しようかと思っています。
ウエザリング機は丁寧に扱わないとウエザリングが剥げてしまうので注意が必要ですね。

2017030506.jpg
 ステップもプラスティックですが貫通穴で表現されており良い雰囲気です。

2017030507.jpg
 エアーホースには色をさして見ました。

2017030508.jpg


2017030509.jpg
 最高速は140Kmの様です。4つの電源電圧も描かれていますね、

2017030501.jpg
 やはり音が無いのは寂しいのでサウンドデコーダを・・
国内で8ピンの在庫が手に入らなかったので、他の機関車からちょっと拝借です。
 デコーダも一緒に頼んでおけば良かったかも・・
ESUのM4デコーダなのでCS2でもmfxとして認識してくれます。(F15までですが・・CS3ならF25まで使えるかな?)
 ファンクションでレールのキシミ音も表現できます。
マッピングを入れ替えSifa Zwangsbramsung(デットマンスイッチ、緊急列車停止装置?)もCS2で使えるようにしました。
 このファンクションをオンにするとSifa Sifa Sifa Zwangsbramsungと言いながら機関車が減速停止します。
 解除すると加速し元のスピードに戻ります。

2017030510.jpg
 元々デコーダが入っていた場所にスピーカを入れました。
スピーカは通販のパーツ屋さんに小型の8Ωのスピーカが有ったので頼んでみました。
 今回使用したのは直径15mm厚さ5mmのスピーカで結構音も大きく値段も安いのと、色々なサイズが有るので今後、使えそうです。
 ギヤボックスの上にはちょうどサウンドデコーダが乗る寸法のグレーの枠があります。
サウンドモデルではここにデコーダが乗るのでしょう。
 加速時のインバーターの変調音が良いです。

2017030503.jpg
 車体はダイキャストで重く、フライホイルーも大きめでカルダンシャフトで3軸を駆動しています。
牽引力はありそうです。低速でも比較的滑らかに走ります。

  実車の186 336-4の写真も見つけました。ウエザリングも同じくらい?
実車の写真を見るとウエザリングもちょうど良いかも・・

nice!(4)  コメント(4) 

BR 144-021-3 /37443 [Electoric Loco]

2017021201.jpg
 オーシャンブルー/ベージュ塗装の BR144です。
パンタがファンクションでで上下するギミックが気に入り衝動入線しました。
 実車では1975年にこの021と071の2両がこの塗装に再塗装されたようです。

2017021202.jpg
 モデルはダイキャストボディで重みがあり、前面の手すりや、標識灯の配線も表現され、メルクリンらしい仕上がりになっています。

2017021203.jpg
 ちょっと残念なのはパンダを、たたんだ際、片側を引張って動作させているせいか、どうしても傾いてしまいます。

2017021204.jpg
 パンタの昇降は以前のピエゾモータによる方法では無く、サーボモータのホーンのテグスにより動作させる様になっており、より確実な動作になっています。
 絶対にパンタを手で持ち上げないようにと注意書きの赤い説明書が入っています。
 ESUの電気機関車の昇降させる機構の方が実車により近いですが、万が一の事を考えると、メルクリンの方式の方が後で何とかなりそうです。

2017021205.jpg
 デコーダはmfx+のフルサウンドでスピーカは縦長で小さめですが音量は十分です。
ファンクションも豊富で
f0 前後、標識灯
f1 駅アナウンス
f2  
走行音
f3  警笛 長音
f4  ABVオフ
f5 ブレーキ音オフ
f6 2位側標識灯オフ
f7  警笛 単音
f8 1位側標識灯オフ
f9  2位側パンタ昇降
f10 車掌笛
f11 1位側パンタ昇降
f12 コンプレッサー
f13 エアブロー音
f14  入替スピード オンの際は標識灯は前後とも3灯点灯します
となっています。

2017021206.jpg
 モータはカルダンシャフトで両側の台車に伝達されています。
説明書にはギヤボックスにはTRIXのグリスを塗布するように書いて有りますが以前のように何時間毎にと言う様な指示は有りませんが、ギヤには20時間毎、車軸には40時間毎に注油と指示があります。

2017021207.jpg
 BR144は2013年にライプツィッヒを訪れたとき、24番線にいたE44 046号機を見た事もあり愛着がわきます。


nice!(5)  コメント(2) 

BR120.1 ドイツ鉄道175周年塗装機 /37542 [Electoric Loco]

2016102901.jpg
 いまさらですがBR120.1 ドイツ鉄道175周年塗装機です。
2010年のインサイダー向けモデルです。
 当時は2009年に同じ車番のメルクリン150周年塗装機が入線していたのでスルーしていました。

 仕事で出張が多くしばらく更新できていませんでしたが、ebay.deはたまにチェックしています。
たまたま、中古扱いでしたが目に留まり、冷やかしで入札していましたらサウンドデコーダ程の金額で落札できてしまいましたので当社に入線することになりました。
 シューを見る限りほとんど走行跡が無く、試送のみの新品でした。

2016102902.jpg
 150周年塗装機の黒と比べ、黒赤金のドイツ国旗塗装に銀色で華やかさがあります。

2016102903.jpg
 車番の120 159-9は50周年塗装機と同じです。

2016102904.jpg
 ファンクションで運転室内灯も点灯します。

2016102905.jpg
 伝統ある5極モータで多少ギヤ音はするものの、保守がしやすく私は好きです。

2016102906.jpg
 最近のBR120はフルサウンドになっていますが、このモデルはサウンド基盤は別置きでホーンと駅アナウンスのみです。
BR120の走行音は単純なので特にフルサウンド化は考えていません。
 モータの音で十分?
スイッチで架線集電にも対応しています。 


nice!(3)  コメント(0) 

Siemens Vectron BR193 WLC/PIKO 59878 [Electoric Loco]

2016071601.jpg
 Siemens Vectron BR193 WLC(Wiener Lokalbahnen Cargo)の電気機関車です。
メルクリンのRailpoolのBR193より一足早く入線しました。
 
Wiener Lokalbahnen社はウィーンローカル鉄道で1888年に創立された会社の様で鉄道だけでなくバスも運行しているそうです。
 本来はドイツ縛りなのですがメルクリンと同じ
 Railpoolでは面白くないので塗装のデザインが気に入り入線となりました。
WLCはドイツとオーストラリアで運行されている様なので、まあ良しという事で・・・・

2016071602.jpg
 PIKOの機関車はお財布にもやさしく、その割りに細かいところまでしっかり作られていてコストパフォーマンスがとても良く気に入っています。

2016071603.jpg
 フロントマスクも気に入っています。
バッファの上のSIEMENS Vectron の文字も・・
 手すりもプラスチックですが細く表現され好感が持てます。
コック等は実車に合わせ、黄色や赤に塗ってあげればさらにデティールアップできそうです。

2016071604.jpg
 床下の機器も別パーツ等で表現され、細かい文字もちゃんと印刷されています。

2016071605.jpg
 台車も一体成形ながらダンパーやケーブル等がそれなりに表現されています。
逆に別パーツより壊れなくてかえって良いかもしれません。

2016071608.jpg
 この機関車は安価ですので音無しですが、オプションのデコーダを付ける事によりフルサウンド可する事ができます。
このサウンドデコーダはESU社のOEM品で堂々とESU のLokSoundのロゴが入っています。
   LokSound V4.0 M4デコーダでPLuX16と言う規格の15ピンですが、M4デコーダなのでCS2等ではmfxで認識されます。

2016071606.jpg
 モータはカルダンシャフトで両側の台車に伝達されボディーはプラスチックで多少軽めですが牽引力はあります。

2016071607.jpg
 デコーダを交換し、スピーカを配線してあげればフルサウンドになります。音量も十分です。
ファンクションはF22まで有りますがCS2だとF16までになります。
 ファンクションでレールのキシミ音、レールの継ぎ目音等も表現できます。
面白いのは残念ながらCS2だと機能させる事ができませんがF22 Sifa Zwangsbramsung
(デットマンスイッチ、緊急列車停止装置?)です。
 F22を押すと Sifa Sifa Sifa 
Zwangsbramsung (後はなんと言っているか解りませんが・・)と言いながら機関車が減速停止します。
 解除すると加速し元のスピードに戻ります。

メルクリンのRailpoolのBR193がどんな出来か楽しみです。比較してみたい所です、だれか買わないですかね・・


nice!(2)  コメント(0) 

BRE70 22 /37482 [Electoric Loco]

2015092601.jpg
 EpⅢのBR E70 22 /37482です。
  以前、銀座の4階のお店で青いE70 21/3748を格安で入手し、デジタル化したE70が在席していましたが、ある方に見初められ、お嫁に行ってしまいました。

 今回のE70は、ebay.deで出品されていたを、冷やかしで入札していましたが、落札できてしまい、入線する事になりました。
ロッドの動きがかわいい、機関車です。

2015092602.jpg
 実車のE70の資料はあまり無く、詳しい事は解りませんでした。
ロイヤルバイエルン州立鉄道(K.Bay.Sts.B.)の2×2/2です。
E70 21号機とE70 22号機は存在した様ですがこの2両だけだったかもしれません。

 1950年には運用が停止され1952年に解体され実車はもう保存されていない様です。

2015092606.jpg
 運転席の上は電灯ですが前2灯はランプの様ですね、この後、発売された赤い車輪のE70 21号機/37483は電灯になっています。
 バッファも左右で形状が違う所まで造り込まれています。

2015092603.jpg
 所属はMünchen、BwはFreilassingとなっています。
ドア枠は木製の様です。

2015092604.jpg
 モデルは2005年に発売された様でデコーダは一応mfxです。
ファンクションは前照灯と漸次速度OFFのみです。
 標識灯はランプですので方向を切替えても消灯するだけで赤色にはなりません。

2015092605.jpg
 駆動は片側4輪だけですがフライホイールも付いており、低速でもスムーズ且つ静かです。
前照灯はLEDでは無く電球です。
 一応21ピンのデコーダが刺さっていますが、ファンクションが無いのと小さなスピーカなら入りそうなので暇が出来たらフルサウンド化にも挑戦してみたいですね。 

 


nice!(5)  コメント(0) 

BR103.1 /37577 [Electoric Loco]

2015070510.jpg
 皆さん良くご存知の BR103型 電気機関車です。
BR103は37571として、2008年にすでに在席、紹介しています。
 私は103型は”菱形パンタ、黒裾、スカート付”が好きなので、2012年秋の新製品でMHIとして発売されていましたが、スルーしていました。
 ところが、昨年、銀座の5階のお店で夏のセールでお安くなっており、屋根のネジが無い103で、ワイパーが別付けとか、運転士が最初から乗務していたりとか、運転席にライトが点灯するとか、等々で入線する事になりました。
 お気に入りで、現在弊社では運転会では常に活躍しています。

2015070502.jpg
 運転席のパネルも表現されています。
スカートは部品として付属していましたが、やはり赤裾にはスカート無しの方が似合うでしょう。

2015070505.jpg
 左はアナログの3357です。3357は1983年から発売された様ですが、30年前の製品で、車体もプラですが見劣りしないのはさすがメルクリンです。

2015070503.jpg
 車両製造はKRUPP、電装関係はAEGです。
ちなみに3357の103 113-7号機は車両がHenschelで電装はSiemensとなっています。

2015070506.jpg
 デコーダはmfxで当然フルサウンドです。
スピーカーはインピーダンスが8Ωで直径20mmですが音量は十分です。

2015070507.jpg
 モータは伝統的なDCMモータです。 
台車やモータベース等は1982年発売の3354から変わっていない様です。 

2015070508.jpg
 パンタグラフがファンクションで上下する通称”103パンタ”39579”の後が有りますので、型は流用されている様です。

 


nice!(4)  コメント(0) 

BR146 245-6 "my world" /36614 改 [Electoric Loco]

2015052307.jpg
 märklin my world 塗装のBR 146.2です。
昨年、孫のクリスマス用にmy worldを買いに行った際、廉価版の上、さらにセールでとても安くなっていたのに加え、メルクリンのラッピング機関車と言う事に魅かれ入線しました。
 実車はボンバルディアTRAXXとしてBR185やBR146等、各シリーズが作られ、各ヨローッパの鉄道会社で汎用機関車として多く使用されています。
 貨車でも2階建ての通勤客車等、何を牽いても似合いそうです。

2015052306.jpg
 モデルは廉価版とはいえ、手すりやワイパー等、細かく表現されています。
標識灯は前進のみで尾灯はダミーです。

2015052309.jpg
 最高速は160Kmです。

2015052310.jpg 
 レタリングも細かくメーカで有るボンバルディアの銘版もくっきり印刷されています。

2015052302.jpg
 廉価版ですのでファンションも標識灯とABV(漸次加減速)offのみです。
デコーダと車両価格がほぼ一緒ですが、やはり音が無いのは寂しいので廉価版TRAXX用 mSD、
サウンドデコーダ60949を使用しフルサウンド化してみます。

2015052308.jpg
 元のデコーダを取って新しいデコーダに乗せ換えます。

2015052303.jpg
 交換自体は60948の説明書には日本語版は有りませんが詳しくイラストが描かれており、イラスト通りに作業を進めて行けば問題は有りません。
 注意点としてはモータにハンダ付けされている部分が、かなりしっかりハンダ付されているので、外す際に、あまり熱をかけすぎるとモータの樹脂部分まで溶かしてしまうので慎重に作業をした方が良いと思われます。 

2015052304.jpg
 スピーカは直径20mmで音も小さめで、運転会等では物足りませんが、家で走らす分には十分です。
音の種類も豊富です。
 実車の音に忠実かどうかは微妙な所ですが、やはり音のするのは良いですね。

2015052301.jpg
 廉価版ですので屋根の配線部分がプラスティックの一体成型で太目です。

2015052305.jpg
 せっかくフルサウンド化し、他のデティールも良いので、屋根の高圧配線を細い鋼線に張り替え、碍子等を塗装して見ました。
良い感じになったと思います。
 実車は屋根等、結構汚れていますのでウエザリングにも挑戦したい所です。


nice!(3)  コメント(2) 

E41 208 /39410 [Electoric Loco]

2015041901.jpg
 グリーンのEpⅢ、E41 39410です。
今年の新製品でブルーのE41がフルサウンドmfx+で発売されるようですが・・
 発売は2008年で、昨年のバーゲンセールでお手軽価格になっていたので当社に入線しました。
Orientro塗装 EpⅤのE141は以前紹介しましたが、発売時期も同じで中も全く同じです。
 実機は1956年から1971年までに451両生産された客車や貨車、Sバーンも牽いたベストセラー機の1台ですね。

2015041909.jpg2015041910.jpg
 標識灯もそれぞれファンクションでコントロールできます。

2015041902.jpg
 メーカプレートの細かい文字も鮮明に印刷されています。

2015041908.jpg
  BwはStuttgartです。

2015041906.jpg
 モータはソフトドライブなので専用ドライブ基板が一体となっています。
ソフトドライブなので本来は低速もスムーズなはずですが、あまり走らせていないせいか低速で多少ギクシャクします。
 BR141 39411は低速でもスムーズなのでもっと走らせてあげれば良くなるかもしれません。
やはりメルクリンは走らせてあげなければいけませんね。

2015041907.jpg
  サウンドはフルサウンドでは無いですが別基板で走行音、汽笛、ブレーキ音等、ほぼフルサウンドです。
音はBR141 39411とまったく同じです。

2015041905.jpg
  Orientrot のBR141も良いですが、EpⅢのE41も渋くて良いですね。 


nice!(3)  コメント(0) 

E 95 02 /BRAWA 0240 [Electoric Loco]

2015032909.jpg
 BRAWAのE95 02です。
 昨年のHUH氏邸での新年運転会の際、kobaさんの持ってこられたE95を見て悪い癖で、私も欲しくなりebay.deで落札し、入線しました。
 モデルは1998年から2001年に発売されていたアナログモデルです。
実車は1927年から6両作られた様です。重量級の機関車で主に石炭貨車を牽いていたそうです。
 このE95 02号機はハレのDB博物館に保存されている車両をモデル化された物でEPⅥになります。

2015032902.jpg
 正面からの面構え良いですね・・
標識灯は前進のみ点灯で入線当初1個、点灯しませんでした。
 標識灯は部品リストに基板込みの番号が有りましたがこれだけ取り寄せるのも面倒で、時間が掛かりそうでしたので調べて見ると、標識灯の中に豆球が突っ込んであるだけでした、電圧を調べると3Vの様なので、同じサイズの豆球を見つけてきて交換し、修理しました。

2015032903.jpg
 塗装もごつさが有り、雰囲気があります。
ただBRAWAの車両は細かくデティールも素晴らしいのですが扱いは慎重さが求められます。
 手すりなど掴むとすぐ外れてしまいます。

2015032904.jpg
 永久連結の機関車は6極のコネクタで繋がっています。

2015032907.jpg
 AC仕様のアナログモデルは錘の代わりに電子逆転器が付いていましたが、8ピンのDCCコネクタが付いていたのでESUのLokSoundに交換し、フルサウンド化しました。

2015032905.jpg
 スピーカの積む所が無く14mmX12mmのエンクロジャー一体のスピーカを押込みました。
さすがに音は大きくありませんが、音がするのはやはり良いです。
 ESUの音源の中にE95の音は有りませんでしたので、同じ連接と言う事でスウェーデンのDM3-1200の音を入れてあります。
どうせ実車の音を聞いた事が無いので、それらしい音がすれば良いでしょう。

2015032906.jpg
 モータは2個あり、デコーダ側の車両は1軸、片側の車両は3軸駆動しています。走りはとてもスムーズです。
牽引力もありそうで、当時の様に石炭貨車をひっぱってゆっくり走らせると、似合いそうです。


nice!(7)  コメント(2) 

BR111 018-8 "GRAFFITI EDITION" /83342 [Electoric Loco]

2015012506.jpg
 BR111の落書き機関車です。
 今年の新製品ではルフトハンザエクスプレス塗装のBR111が発売されるようですね。
新製品もボディはプラスチックの様ですが、パンダも昇降するようですし、新金型になっているのか楽しみですね。
 私は今の所、注文していないですが・・

2015012501.jpg
 beige/ozeanblauベースのBR111に落書きされています。

2015012502.jpg
 反対側の落書きです。とてもカラフルです。

2015012504.jpg
 1993年にドイツの大きな玩具店のidee+spielで販売されたショップモデルです。
ebay.deで落札し、入線しました。
 落札時は解りませんでしたが、状態はあまり良くなく、台車の片側の排障器が破損して無くなっていました。
後々出品時の写真を拡大してよく見ると、やはり最初から欠損していた様です。
 特にその事は明記されていませんでしたが、中古で、古い製品ですし、オークションで現物を見れる訳では無いのでしょうがないですね。
ebay.deでBR111の台車のみ出品されていたので交換しました。

2015012507.jpg
 オリジナルのデコーダはデルタです。

2015012503.jpg
 モータを5極に換え、ESUのM4デコーダに交換し、フルサウンド可しました。
スピーカは天井に両面テープで貼付けています。
 


nice!(7)  コメント(2) 
前の10件 | - Electoric Loco ブログトップ
メッセージを送る