So-net無料ブログ作成

DR 250 244-1 /ROCO79617 [Electoric Loco]

2018112401.jpg

  DR クラス250の電気機関車です。
ドイツの模型店のサイトで見かけ、値段もお手頃なので入線する事になりました。

 実車はドイツ、統一後 Deutsche Bahn AG 155として、まだ現役で約200両ドイツ全土で重量貨物機として活躍しているそうです。最高速度120kmだそうです。

 DBの赤塗装より、やはり旧東ドイツのDRの 落ち着いた赤色が好きです。 

2018112402.jpg
 正面のホーンが東ドイツらしく愛嬌のある顔をしています。

ちょっとワイパーが太い気もしますが別パーツで表現されています。
運転室のライトもファンクションで点灯します。

2018112403.jpg
2018112404.jpg
  特徴ある屋根上のエアータンク?やルーフも細かく表現されています。

2018112412.jpg
 DRのプレート、車番のプレートは印刷なので車体のかたちに印刷されています。

2018112405.jpg
 別パーツのプレートを貼り付けるとよりディールアップします。

2018112406.jpg
 メーカのプレートも別パーツで貼り付けます。
台車周りも細かく表現されています。

2018112410.jpg
 運転席も色が塗られていて、より雰囲気が良くなっています。

2018112408.jpg
 モータには両軸フライホイールが付きカルダンシャフトにて片側台車3輪駆動、シュー側は1輪駆動されています。
 低速からスムーズに動きます。
大きなキャパシタも付いており、安定した走りをします。

2018112409.jpg
 黒い部分の中には8Ωのスピーカが2個入っており並列に接続されます。

2018112407.jpg
 デコーダはZimo社製サウンドデコーダだと思われます。
ファンクションも豊富で、YouTubeと比べても実車の音に近い気がします。


 ただ、弊社の車両検知用の片側絶縁線路に来ると停止してしまいます。
車両を前後ひっくり返すと普通に動きます。
 テスターで調べてみると左右の車輪が絶縁され道通がありません。
車輪にはそれぞれ集電バーが付いているので集電されている様です。
 基板を見ると2Lと3Lの文字が・・
それぞれ探って行くと2Lの片側はセンターシューに、もう片側は車輪に、
3Lの片側は反対側の車輪に、片側はもう片方の車輪に、

 どうも2線式と、3線式との切替え用のジャンパの様です。

2018112411.jpg
 3Lの方をハンダでジャンパしてあげると両方の車輪が道通しました。

これで片側絶縁線路でも停止せず走る様になりました。
 特に説明書にはこの点の記述が無く、製造段階で忘れたのか、元々この様な仕様なのか解りません。



nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。