So-net無料ブログ作成

Beer Car "ERDINGER DUNKEL" /4415 ??? [Beer Cars]

2019061701.jpg
  ERDINGER DUNKELのビール貨車です。
ERDINGER社は、ドイツ・バイエルン地方で1886年に創業した世界最大の小麦ビール専業メーカーです。
常温でも美味しく、より強い香りと甘みが感じられます。

2019061702.jpg
 モデルは4415ベースで、色々調べたのですが、発売時期等、解りませんでした。
箱にも何も番号は無く、販促用に作られたのかもしれませんね。

2019061705.jpg
 ビールのラベルと同じロゴが描かれています。
茶褐色の車体の塗装は梨地でざらざらしています。

2019061704.jpg
 金色の枠のデザインの関係か、形式等の表記が真中の方に印刷されています。

2019061703.jpg瓶は500mlの大瓶です。 

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Beer Car "FLENSBURGER DUNKEL" /4415.228 [Beer Cars]

2019031701.jpg
 FLENSBURGER DUNKELのビール貨車です。
前回のビール貨車は
フレンスブルガーピルスナーでしたが今回はドゥンケルです。

 本来ドゥンケルは南ドイツが本場ですが、南と比べ甘さは控えめでスッキリした感じです。
濃褐色のビールでローストした大麦麦芽の香ばしさが感じられます。

2019031702.jpg
 
モデルは4415ベースで2000年に500台製造された様です。

2019031704.jpg
 
ドゥンケルらしく黒い車体がベースになっていて、金色の屋根が印象的です。
青い点々は夜空の星でしょうか?泡でしょうか?
 アクセントになっています。

2019031703.jpg
 
瓶はフレンスブルガーおなじみのスイングトップ瓶です。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Beer Car "FLENSBURGER PILSENER" /4415 91012 [Beer Cars]

2019021702.jpg
 FLENSBURGER PILSNERのビール貨車です。
 ピルスナーらしくサッパリとしていますが、マイルドで麦の深見、ホップの苦味が強く感じられます。

 フレンスブルガーはフレンスブルガー氷河の氷河流を使用して醸造されているそうです。
 北スカンジナビアの地下には氷河が溶けだした水が流れる「氷河流」という川のようなものがあり、フレンスブルガーの水はそこから汲み上げているのだとか。


2019021701.jpg
 モデルは4415ベースで1991年に500台製造された様です。

2019021704.jpg
 4415の白い冷蔵貨車にロゴマークと
FLENSBURGER PILSNERの文字だけで貨車もサッパリしています。

2019021703.jpg
 瓶はスイングトップ瓶で栓抜き無しで開けられます。
現在ではより安価で取り扱いが楽なクラウントップ(王冠)が多いですが、密閉度では圧倒的にスイングトップが上。そのため、スイングトップを利用しているフレンスブルガーは作りたての新鮮さが長く保てるのだそうです。



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Beer Car "Hofbräu MÜNCHEN" /94505 [Beer Cars]

2019010901.jpg

 ババリア王国鉄道のEpⅠのビール貨車です。
前回のホフブロイのビール続きで・・

 ビールは
ホフブロイのマイボックビールです。
ボックはドイツ語でストロングの意味だそうです。アルコール度数は7.2%もあります。
 春季限定ビールでドイツでの5月(マイ)のビールだそうです。
ちょっと時期はずれですが初春と言うことで・・(賞味期限が間近かなので飲まないと)
 ローストした大麦 麦芽を使用しているので色は赤銅色、ホップの苦味と、のど越しの良いキレのある味わいが楽しめます。

2019010902.jpg
 モデルは昨年の4月にミュンヘン駅の11番線にある模型屋さんで限定400両販売された製品です。
ホフブロイのロゴマーク地の青に白いマークでシンプルですが、バイエルン州の紋章が、小さいですがアクセントになっています。

2019010903.jpg
 おそらく木造だと思われますが、でこぼこの表面でも綺麗に印刷されています。

2019010904.jpg
 とびらも開ける事ができます。せっかくなのでHiLoさんみたいにおねえさんを乗せようかしら・・
ビール樽でもよいですね・・
  本当は入線した去年の5月に5月のビールと一緒に紹介しなくてはいけませんでしたね。

今年も少しずつですが、更新して行きますのでよろしくお願いいたします。


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Beer Car "Oktoberfest MÜNCHEN 2018" /4415.646 [Beer Cars]

2018122401.jpg
 2018年のミュンヘン オクトーバフェストのビール貨車です。

 ビールはミュンヘンでおなじみのホフブロイのビールです。
ホフブロイ ライネンクゲルス ハロードリ、ラベルがお洒落ですね、成城石井で購入しました。

 ミュンヘンで行われるクラフトビールの展示会「Braukunst Live」に合わせて毎年1回だけ醸造する特別なクラフトビールです。

  2018年はアメリカのライネンゲルス醸造所とのダブルネーム

 バイエルンの大麦麦芽とアメリカのホップを4種類使用したビールだそうです。

商品名のハロードリ「千鳥足の酔っ払い」と言う意味だそうです。

苦味抑え目でフルーティですがアルコール度数は6.1%とちょっと高め

2018122402.jpg
 右側にはオクトーバフェストではおなじみの移動遊園地の観覧車、ビールにソーセージの絵がポップに印刷されています。

2018122403.jpg
  青空に雲と、ワクワクしますね。
以前訪れた際、は雷雨で大変な思いをしましたが・・

2018122404.jpg
 左側にはハート型のレーブクーヘン

おなじみのビールジョッキのロゴマークは変わりません。


 所属はやはりBahnhof München Hbf ですね。

2018122405.jpg
 今年も
クリスマスプレゼントとして、ドレスデン、シュトレン祭りの分身やその他のお土産と共にドイツの友人から頂きました。
 ありがとうございます。来年もよろしくお願いいたします。


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Beer Car "Heineken" /BRAWA 49060 [Beer Cars]

2018080406.jpg
 ハイネケンのType G10のキャブ付きEpⅢのビール貨車です。
ビールは5Lの生樽缶です。
 樽の中は炭酸ガスで満たされているそうで、家庭でも電源、機材を必要とせず、生ビールが楽しめます。
オランダからの直輸入でオランダ現地で味わうハイネケンと同じだそうです。
 オランダに行ったことが無いので解りませんが・・

2018080407.jpg
 泡がきめ細かく美味しくいただけました。

2018080402.jpg
 モデルはBRAWA社らしくデティールは細かいです。床下も作りこまれています。
2016年に発売された様です。
 ステップは細く折れそうで取り扱いは注意が必要です。

2018080403.jpg
 屋根は軽くウエザリングしている様にも見えます。

2018080401.jpg
 ハイネケンのマークもEpⅢらしく渋めです。

2018080405.jpg
 ハンドルや手すりも別パーツで細かく表現されています。
拡大してよーく見るとHeinkenのロゴマークの印刷ににじみが見られますが、普通では解りません。

2018080404.jpg
 オーストリアLinzの所属の私設貨車の様なのでÖBBなのでしょうが、オランダビールでなぜÖBB?


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Beer Car "Rareberger" /FLEISCHMANN 5323 K [Beer Cars]

2018031101.jpg
 この所、機関車が多かったので久しぶりにビール貨車です。
Rareberger PILSNERのビール貨車です。
 コクとキレの良い苦味の強いビールでまさにドイツを代表するビールの一つで、ソーセージ、ジャーマンポテトに良く合います。
 ザクセン州ドレスデン近郊のラーデベルグの町で作られているビールです。
ラベルにはこの町の紋章が描かれています。
 ドイツで最初に造られたピルスナーだそうです。
1905年には当時のザクセン王が「国王の飲み物」に鎮定したそうです。

2018031102.jpg
 モデルはFLEISCHMANN製でフルスケールで黒地にRadebergerのロゴが薄く描かれ、ビールのラベルと同じ金色のロゴマークが印刷されてお洒落な仕上がりです。


2018031103.jpg
 Bahnhofは当たり前ですがRadebergです。
当時の国王であったフリードリヒ・アウグストⅢ世が王の飲み物と認めたみたいな事が書いてあります。

2018031105.jpg
 ビールのボトルネックにも王家の紋章が描かれています。
 

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Beer Car "Oktoberfest MÜNCHEN 2017" /4415.629 [Beer Cars]

2017122702.jpg
 2017年のミュンヘン オクトーバフェストのビール貨車です。

 ビールは今年の貨車の色に合わせ、シュパーテン オクトーバフェスト ビールです。

オクトーバフェストのためだけに醸造されるビールです。 
 オクトーバーフェストは、ミュンヘン市長がシュパーテンの樽を開けることよって開始されるそうです。
フルーティなさわやかな香りが楽しめるビールです。

2017122704.jpg
 オクトーバフェストではおなじみの観覧車にプレッチェル、
ハート型のレーブクーヘン等オクトーバフェストの定番達がデザインされています。
 楽しい絵柄です。


2017122703.jpg
 
今年はマスコットの犬君がいませんが、ビールジョッキのロゴマークは変わりません。

所属はやはりBahnhof München Hbf ですね。
 80 D-OKTOM はオクトーバフェスト ミュンヘンの略でしょうか、しゃれてますね。

2017122701.jpg
 クリスマスプレゼントとして、ドレスデン、シュトレン祭りの分身と共にドイツの友人から頂きました。
ありがとうございます。

 
今年も今回が最後の更新になります、1年間ありがとうございます。あまり更新できませんでしたが、来年もコツコツと更新していきますのでよろしくお願い致します。


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Beer Car "KULMBACHER" 48776 [Beer Cars]

2017082001.jpg
 クルンバッハのビール貨車です。
ビールはクルンバッハ・エーデルヘルプです。
 ドイツのバイエルン州のクルンバッハ醸造所で作られてるドイツでも人気のビールだそうです。
 麦とホップの苦味が効いた辛口のピルスビールで、とても飲みやすいです。

バー”よしゆき”さんでおなじみだったビールKrombacherと名前が似ています。

2017082002.jpg
 モデルは4415ベースではなくフルスケールの様です。
2015年からのカタログモデルです。
 フルスケールなのでバッファが金属だったり、ステップが付いていたりデティールが4415に比べ、細かくなっています。

2017082003.jpg
 プライベート貨車でBahnhof Kulmbachとなっています。

2017082004.jpg
 1982年10月22日ですのでEpⅣですね。

2017082005.jpg
 細かい所にも色がさして有ります。

2017082006.jpg

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Beer Car "König-Pilsener" 4418.1 [Beer Cars]

2017061801.jpg
 ケーニッヒ ピルスナーのビール貨車です。

ピルスナーの醸造にこだわって醸造されたビールと言うことです。

 ホップの風味も強すぎず、すっきりとした飲みやすさの中にもコクがあり、ケーニッヒとは国王の意味だそうで、まさにピルスナーの王様と言うところです。

 最近ではスーパーでもドイツビールにしては手頃な値段で手に入れることが出来ます。

2017061802.jpg
 モデルは4418.1で1978年~1983年のカタログモデルの様です。
 

 4415ベースの白い冷凍貨車に赤いロゴのみと、シンプルなデザインです。
35年位前のモデルですね、印刷には多少のにじみもみられ、白の車体も多少黄ばんでいます。

2017061803.jpg

 

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー