So-net無料ブログ作成
Steam Loco ブログトップ
前の10件 | -

BR 01 146 /39009 [Steam Loco]

2019033103.jpg
 BR01 146号機です。
2016年のMHI-meetingの青い特別塗装色です。
 展示用の線路が付属で付いてきます。
BR01の青い塗装は実在せず、ファンタジーモデルの様です。
 実在しないので、ずっとスルーして来ましたが、運転会で青いBR03を見て気になっていました。
01型はこの形が好きで、147号機を保有していますが、
第2世代のCサインモータで不安がありました。
 銀座の5Fのお店でクリスマスセールで安くして頂いたので入線する事になりました。

2019033105.jpg
 濃紺の車体に銀色の帯がアクセントになっています。
バッファの白い枠も特別塗装機らしくて良いです。
外見は前作の147号機とほぼ同じです。
今回のモデルは動輪が淵まで赤く塗装されています。
 標識灯が黄色から電球色になりました。この方が実機に近い色合いです。

2019033104.jpg
 テンダーも青色です。

2019033106.jpg
 KRUPPの銘版も綺麗に印刷されています。
拡大してみるとNr.1429 1935 と製造Noと製造年も読めます。

2019033107.jpg
 BwはWürzburgになっています。

2019033108.jpg
 火室メラメラも付いていますが、点灯させるファンクションをオンにするとシャベルの給炭音が一緒に鳴ります。
 火室の扉を開ける時は給炭する時なので良いのですが、別に給炭音のファンクションもあるので、ちょっと煩い気もします。
 開けたらすぐ閉めましょう。


2019033101.jpg
 モータは
第2世代のCサインモータから、5極の直流モータに換っています。
Cサインモータよりは大きいですが、フライホイールも追加され、走りはとてもスムーズで静かです。

2019033102.jpg
 デコーダもmfx+になり、ボイラー側からテンダーに移されオーソドックスな形になりました。
スピーカは直径28mmでインピーダンスは8Ωで音量も十分です。
 汽笛が、メルクリンの標準的な音では無く、エコーが利いた音になっていて実感的になった気がします。


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Thomas,Percy and Friends /36120,36121,44130,44131 [Steam Loco]

2018082609.jpg
 先週まで孫達が、約1ヶ月、帰省していました。
私は出張でほとんど一緒に遊んで上げられませんでしたが、その間に富士急ハイランドのトーマスランドに2回行って遊んでいたそうです。とても楽しかった様です。
 運転会でもトーマス達は子供に人気です。
ebay.deで出品されていたのでまとめて落札しました。

2018082602.jpg
2018082603.jpg
 36120 トーマスです。
Bachmannの製品と違って目が左右には動きませんが、メルクリンの製品なので改造せずデジタルでそのまま走らせる事ができます。

2018082604.jpg2018082605.jpg
 36121 パーシーです。
パーシーには床下に磁石が付いていて集電及び牽引力が増す様になっています。
2006年頃に発売されたようですが、版権の関係があるので日本で、正式に販売されたかどうかは解りません。

2018082606.jpg
 いたずら貨車と、いじわる貨車 44130,44131 です。
彼らには名前が無いようです。

2018082607.jpg
 Clarabel と Annie

2018082608.jpg
 タンク貨車3両です。
彼らにも特に名前がが無くトーマスのキャラクターの中でも珍しいのではないでしょうか。
 上の客車と同様に箱には製品番号が有りませんがどの様に販売されていたのでしょう。

2018082601.jpg
  孫が京都に帰る前日に届きました、1日でしたが遊ばせることが出来ました。
ECoSはCS2やCS3等のエンコーダ式のスピードコントローラの様にグルグル回す必要が無く、120°で回すノブの方がコントロールしやすい様で、末っ子はまだ2歳ですが使いこなしていました。
 長男、長女と3人で奪い合い、喧嘩しながらでも一日中、遊んでいました。


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

BR 85 007 /Roco 78271 [Steam Loco]

2017101203.jpg
 今年のRocoの新製品、BR85です。
メルクリンのBR85 003号機に次いで2台目の入線になります。

 85 007号機はフライブルグで保存されています。
現在も動態保存されているかどうかは不明です。

 2011年頃に発売されたBR10と同じくダイナミックスモークシステムを搭載しています。
前作のBR10とは違い、シリンダからは出ませんが、蒸気サウンドに同期して発煙します。

 その発煙量はすざましく迫力があります。

2017101205.jpg
 テールランプはファンクションで赤灯が一つ点灯します。

2017101204.jpg
 標識灯はちょっと白すぎで、まぶしいです。
煙の量のすごいのが解ると思います。

2017101208.jpg
 キャビンライトも点灯します。
キャビンの下半分はデコーダやキャパシタ、スピーカ等が入るので機関士さんは腰より下を切り取っています。
 ハンドルも赤で表現され好印象です。

2017101207.jpg
 飾りですが三気筒の中央のロッドも表現されています。
 メルクリンのBR85の様に動輪が途中で後2軸で折れ曲がる様になっていませんがR360のカーブはなんとか通過します。

2017101206.jpg
 製造社のヘンシェルのプレートも綺麗に印刷されています。

Limited Editionと言う事でロッド周りも細かく表現されています。
パイピング等も細かくボイラーがプラスチックの感じはまったくしません。

2017101201.jpg
 ボイラーはプラスチックですがモータ周りがダイキャストなのでそこそこ重さはあります。

 前作のBR10はテンダードライブでしたが、BR85はタンクロコですのでモータはボイラーの中です。
発煙システムがあるのでギヤが複雑に配置されています。
 赤い部分が発煙システムになりますが、煙突の下に固定の邪魔板があり、小さなモータでファンを回し煙室にたまった煙を吐き出します。

 動輪の回転に同期してファンモータを回したり、止めたりして煙突から煙を吐き出します。
 走行音を消すとファンモータの、ウィン、ウィンと音がするのが解ります。

 ただ給油の際いちいち蓋を取るのが面倒です。
 蓋を失くしそうで怖いです。
発煙剤は1度に最大1.5ml入ります。Seutheの注射器、半分が入る事になります。
 1.5mlが15分ほどで空になります。

どれだけ煙が出るかよく解ります。ものすごく燃費が悪いです。
 ただ空になっても何処かにどうしても発煙剤が残るらしく、しばらくして発煙をオンにすると結構な量の煙が出ます。
 ですので横にしてしまっておくと機関車が発煙剤まみれになっている事があります。

2017101202.jpg
 デコーダはZIMO製でPlux22のタイプになっています。
音はすばらしいです、小さいスピーカの割には音も大きく、特に汽笛の音がエコーが効いていて、うっとりします。
 ファンクションもf0~f24まであり音も豊富です。
DCCなので自動認識をしてくれない為、登録がちょっとめんどくさいです。

2017101209.jpg
 メルクリンのBR85と並べてみました。手前がメルクリンです。
メルクリンの方が全体的につや消しでしっとりとしています。
メルクリンもディティールがそこそこで、並べてみても遜色はありません。音は負けますが・・
 ユーロ高もありちょっと高めですが、音と煙でお気に入りの一台になりました。


nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

BR050 045-4 with a Cabin Tender /37836 [Steam Loco]

2017091601.jpg
 今年の新製品、テンダーに車掌室の付いたBR050 です。
テンダーのキャビンには車掌さんが常務しており、室内灯も点灯、モータも新しいと言う事で入線する事になりました。
 モータも小さく細くなり、BR50のボイラーの向こう側の透け具合とても良いです。

2017091602.jpg
 特徴ある後姿ですね。

2017091603.jpg
 最初から車掌さんが常務しています。キャビンにはファンクションで室内灯が点灯します。

2017091604.jpg
 機関士と機関助士も最初から同封されていましたので常務してもらいます。
運転室内もファンクションで室内灯が点灯します。

2017091608.jpg
 石炭とキャビンを取った所です。
テンダーを外すには車掌さんに降りてもらう必要があります。

2017091607.jpg
 デコーダはmfx+でCS2,CS3では実車と同じ様な操作で運転が出来ますが、私はめんどくさがり屋なのであまり使った事が有りません。

2017091606.jpg
 スピーカは28mmと大きく音もそれなりに大きいですが、音はあまり代わり映えしないのがちょっと残念です。
ただ、ファンクションはf21まであり、音の種類は増えています。
 CS2,ECoSでもアップデートする事によりすべてのファンクションが使用できる事になります。

2017091605.jpg
 モータはコアレスモータだと思われますがよく解りません。静かでとてもスムーズに走ります。
ギヤボックスのグリス、車軸へは走行20時間ごとの注油が指示されています。
 車両によっては走行40時間ごとの指示もありますので、基準がよく解りませんね。

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

BR50 1955 /37847 [Steam Loco]

2017060402.jpg
 BR50 1955号機です。

 いわゆる、お誕蒸気ですが残念ながら、私の生まれ年では有りません。他の方のお誕蒸気です。
長い間、銀座の5Fに飾ってありましたが、行く度に買わない?と言われ続けていましたが、生まれ年じゃないからと断ってきたのですが・・
 安くするからと言うお言葉と、最近ウエザリング機にはまっている事も有り、ついに入線する事になりました。

2017060403.jpg
 中々よい感じにウエザリングされています。
自分では中々出来ないので参考になります。

2017060401.jpg
 当時のお誕蒸気はワグナーデフのEpⅢ仕様です。
私が最初に買ったスタータセットに入っていたのと同じです。今は部品取り機になり廃車されていますが。

2017060404.jpg
 お誕蒸気はしばらく、受け付けていない年もあったようですが最近復活し、ヴィッテ式デフになり、昨年、会長も購入された様です。
会長も50歳かあ・・

2017060405.jpg
 10年以上前の製品ですので、mfxでもなくサウンドも有りませんでしたのでデコーダをESUのV4.0 M4サウンドデコーダに取り替え、フルサウンド化しました。


 

nice!(6)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

BR10 001 /37082 [Steam Loco]

2017011001.jpg
 年末から年始に掛けての仕事もひと段落、しばらく更新も滞っていまいしたが、本年もよろしくお願いいたします。
インサイダークラブ勤続?10年の赤いBR10 001号機です。
 昨年、還暦を迎え、赤いちゃちゃんこと言う訳ではありませんが、記念して赤い機関車の入線になりました。

2017011002.jpg
 外見は変わりませんが、最近はmfxにデコーダが変更になっています。

2017011003.jpg
 ファンタジー塗装ですが、赤に黒のツートンカラー白のラインと、流線型の車体に良く似合っています。

2017011005.jpg
 窓ガラスがあって見にくいですが、機関士と機関助手にも乗車してもらっています。

2017011004.jpg
 大きな動輪に作業灯も点灯し雰囲気を盛り上げます。スポーク車輪で向こう側が透けて見えるのも良いですね・・
nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

BR 01 147 /39010 [Steam Loco]

2016022101.jpg
 BR01 147号機です。
ブログは当社、車両区に所属している車両のリストも兼ねているのですが、すっかり忘れていました。
 BR01はその中でも大好きな蒸気機関車で、メルクリンをスタータセットから始めて、最初に購入した蒸気機関車です。
2006年にドイツより入線しました、初めての海外通販でもあった様な気がします。

2016022102.jpg 
 今年は01.5の2種類が新製品として発売され話題になっていますが、オーソドックスなオリジナルボイラー仕様、ヴィッテ式デフ、石炭炊きが好きです。

2016022103.jpg
 テンダーもダイキャストで作られています。
 2011年にゲッピンゲンでキャブに乗せてもらって構内を走った記憶が思い出されます。
あの時は興奮と、感動のひと時でした。

2016022104.jpg2016022111.jpg
 やはり似合うなあ・・・
2011年のIMAでのBR01

2016022109.jpg
 モデルは第2世代のCサインモータで走りも今の所スムーズですが、メルクリンではCサイン、SDSモータはもう製造していなく、ドライブ基板も特殊なので、今後の修理が心配です。
 デコーダはESUのOEM品ですが、LokProgrammerでは設定変更することができません。

2016022110.jpg
 スピーカは28mmでインピーダンスは30Ωの抵抗を直列に入れて100Ωに合わせてあります。
音はメルクリンの標準的な蒸気機関車の音です。
 余裕が出来たら、ESUのLokSound V4.0 M4に換装して音を入替えてみたいです。

2016022105.jpg
 やはり01と言えば直径2mの赤いスポーク車輪が美しいですね。
向こう側が透けて見えるのがたまらないですね。
 現在のメルクリンでは淵まで赤く塗る様になって美しくなりましたが、このくらい大きな動輪だと意外と実機感が有って逆に良い感じもします。
 01の動輪と言えばもう30年前にその頃、務めていた会社が宝町にあり、お昼休みに近くの喫茶店ゼロイチ通ってました。
店内に01の動輪がありましたが、当時はここまでドイツ鉄道に興味があった訳では無く今思うと惜しい事をしました。
 現在は大宮の鉄道博物館に展示されているらしいので一度訪れたいと思います。

2016022108.jpg
 同じく2011年のIMAでのBR01?だったと思う・・


nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

BR 56,2-8 DRG /37516 [Steam Loco]

2015081002.jpg
 BR56 569号機 DRGのウエザリング塗装機です。今年のMHIウエザリング塗装機です。
展示用の線路付です。 
 メルクリンでは2012年にEpⅢのBR56 362号機/37563が発売されていますが、その時は小型蒸気機関車と言う事も有って興味はありませんでした。 
 EpⅡ期で本来は守備範囲外ですが、昨年入線したBR44 390号機のウエザリング塗装機が大変お気に入りになり、ウエザリング塗装機が欲しかったので入線となりました。

2015081001.jpg
 BR56.2-8型は691両作られ、1'D H2の2気筒の機関車で1970年まで Deutschen Reichsbahnで使用されていた様です。最高速は70kmです。
 前作のBR56 362号機/37563 と基本的にはサウンドも含め同じ様ですが、今回のBR56 569号機 DRGは調達価格も€50ほど高くなりましたが、展示用線路とテレックスカプラー、が付いており、 デコーダはmfx+となっていて、ウエザリングもされていて、お買い得となっています。
  箱が大きくなったのが難点ですが・・
 後、ファンクションで入替え速度モードで入れ替え用、前後標識灯両点灯が追加されています。

2015081003.jpg
 ウエザリングは軽めですが、全体的にも艶が抑えられおり、落ち着いた雰囲気です。

2015081004.jpg
 プレートには製造会社であるHUMBOLDT と刻印されています。蒸気機関車よりディーゼルエンジンが主流の会社だった様です。
 1916とCÖLN-KALKと有りますが、HUMBOLDT社はケルンらしいので KÖLN-KALKの誤記だと思われます。
そんな小さな字は読めませんが・・・・


2015081007.jpg
 所属はWuppertalとなっています。
テンダーもダイキャストで小型蒸気機関車ですが重量感があります。

2015081006.jpg
 モータはボイラーの中でかなり分解しないと見る事が出来ません。ギヤへのグリスは20時間、車軸へのオイル点滴は40時間となっています。
 スピーカは4Ωの直列で約14Φですが音量は十分です。
走行音は意外と重厚で、汽笛は小型蒸気らしく軽い音です。
デコーダーの上に両面テープで固定されています。


nice!(6)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

BR 23 008 /39233 [Steam Loco]

2015062101.jpg
 BR23 /39233 です。2013年に初めてのmfx+機として発売されました。
初めてのmfx+機と言う事で、実証テスト機としてすぐに他社に貸し出されていました。
 1年程の実証テストを終え弊社に戻ってきました。

2015062102.jpg
実車は1’C1 H2 の3軸2気筒のオーソドックスな機関車で最高速110kmで主に客車を牽いていた様です。
 バックでも110kmの速度で走る事が出来たようで、メルクリンでもシルバーリンゲの客車3両のセットでバックに永久連結されたプッシュプルの26543のモデルも有りますね。 

2015062104.jpg
 ニュルンベルグDB博物館に保存されていた105号機は2005年の火事で損傷しましたが、その後修復された様です。
その他にも何両か動態保存されている様です。

2015062103.jpg
 BwはSiegen 配属はWuppertal となっています。

2015062107.jpg
 mfx+の蒸気機関車はある程度、実車の知識が無いと運転できませんね、
最初の内は面白がって運転していましたが、模型が見れなくなってしまうので、結局スタンダードモードになってしまいました。
 新製品でもmfx+の機関車が多く発売されてきているので、それなりの需要が有るのかもしれません。

2015062105.jpg
 デコーダはボイラーの中に、普通のサウンドデコーダとmfx+のデコーダの違いはよく解りませんね。

2015062106.jpg
 テンダーもダイキャストでスピーカーはインピーダンスが8Ωで直径が28mmあり音量は十分です。


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

BR 42 9000 "Franco-Crosti" /39160 [Steam Loco]

2014112304.jpg
 BR42 9000 "Franco-Crosti" です。
BOAC VC10さんに「E型は50に、94に、フランコクロスティが」とコメントを頂き、聞こえなかったはずなのですが・・
 ふとebay.deを覘いて見ると何両か出展されていました、その内の一台を冷やかしで安く入札していると、落札出来てしまいました。
 と言う事で入線しました。
実機は52 893号機と52 894号機を改造して BR42 9000とBR42 9001号機と2両のみ試験的に生産された様です。
1'E H2の2気筒の蒸気機関車です。
 燃費が15%良くなり、この経験が50.40型Franco-Crostiに活かされた様です。
 1950年の引渡し時のデフ無しのグレー塗装です。
当社では初めてのグレー塗装機なのでちょっと新鮮です。

2014112306.jpg
 フランコクロスティに改造された独特の形の煙室扉が印象的です。

2014112305.jpg
 バスタブテンダーも初めての入線んです。ファンクションで点検灯、キャブライトが点灯します。
キャブ周り、テンダーはBR52型の名残が見えます。

2014112307.jpg
 BwはMindenとなっています。

2014112303.jpg
  モデルは2002年のインサイダーモデルで初期のCサインモータが積まれています。
走行はスムーズで静かです。
 標識灯は前後ともLEDです。

2014112301.jpg
 デコーダはデジタルデコーダですが、サウンドは有りません。

2014112302.jpg
 裏にはCサインモータ用のアンプが実装されているので簡単にサウンド化は出来そうもありません。
CサインモータをDCMモータに交換できればサウンド化にも挑戦したいですが・・・・


nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - Steam Loco ブログトップ